ロンドンのコーワーキングスペース6選!イギリスで急増中のコワーキングスペースとは

1. ロンドンではコワーキングスペースが急増中!

世界最大数のコワーキングスペースを誇る都市、ロンドン。 コワーキングスペースとは、業種を問わず、フリーランサーや起業家など、新しい働き方を求めるプロフェッショナルのニーズに応えるために生まれた共有スペースのことです。一般的にはオフィスのような仕切りはなく、開放的で、イベントスペースやカフェがあり、またジム、ヨガスペース、バーなどワークライフバランスを重視した構造となっています。

ロンドンには、様々なワーキングスタイルに合わせて、ありとあらゆるコワーキングスペースが存在します。もともとスタートアップメッカのOld Street近辺や、ロンドン橋近辺などシティ中心に多くオープンしていたのが、いまではHackneyなどアーティストの多い東ロンドンや、北ロンドンにも数多く設立されています。

有名コワーキングスペースHucketreeのCEOのGabriella Hershams氏は、「(ロンドンの)コワーキングスペースの市場は飽和状態」とまで述べているほどです[1]。また、Coworkinglondon.comというコワーキングまとめサイトに登録されているスペースは、1月31日現在で156件。すでに競争が激しいマーケットですが、これからもどんどん増え続けるでしょう。

2. コワーキングスペースの種類・使い方

ロンドンのコワーキングスペースの一般的な使い方としては、以下の3つがあります。

ホットデスク(Hot desk)

決まったデスクではなく、指定スペース内のどこにでも座ってよい。毎日同じ机でなくても良いというユーザー向け。毎日違う席に座ることで、新しい出会いがある、といううプラス面も。

指定のデスク(Fixed desk)

プライベートオフィスはいらないけれど、毎日確実に使えるスペースが欲しい、というフリーランスやスタートアップ向け。

オフィススペース

スタートアップからより大きな企業まで、自分の会社のプライバシーがほしいというユーザー向け。自分のスペースがありつつも、共有スペースを通じて社外のワーカーと交流ができるというメリットも。


基本的にはメンバー登録が必要で、コミュニティ感やメンバー同士の繋がりを重視する度合いは様々です。 以下、いくつかロンドンのメジャーなコワーキングスペースを見ていきましょう。

table1.png

3. 一覧


ウィーワーク/WeWork

コワーキングスペースのパイオニア的存在。規模的にはロンドン内で一位、世界で見てもトップレベル。2017年には日本進出のためにソフトバンクも出資したコワーキングスペースでは一番知られているオフィス。

2010年設立以降、大きく成長し、今ではオフィス占有面積はGoogleの2倍近くまで伸びています[2]。もともとミレニアル世代のテックスタートアップ対象だったのが、今ではより大きな企業のオフィススペースまで提供しています。

所在地:ロンドンに33箇所。シティなど中心部だけでなく、北・東ロンドンにもブランチがあります。

料金:

  • ホットデスク料金:£200/月〜
  • 指定のデスク料金:£285/月〜
  • プライベートオフィス料金:£460/月〜

キャンパス・ロンドン/Campus London

Googleがデザインし、スタートアップ向けに解放しているスペース。メンバーになれば利用無料で、新規入会者はオリエンテーション受講必須など、コミュニティ感が強い気がします。7階建で様々なイベントがいつも行われています。所在地はOld Street近く、フィンテックを中心に多くのスタートアップが集まるエリアにあります。

所在地:
5 Bonhill Street, Shoreditch, London, EC2A 4BX
料金:
問い合わせ必要

ハックルツリー/Huckletree

分野にとらわれず、フリーランサーから大きなビジネスのオフィススペースまで、使用可能。 デザイナーが多く、また緑の多いオフィス内で、消費エネルギーやリサイクルなどエコにも力を入れているワーキングスペース。

所在地:
Shoreditch と Clerkenwell の2箇所。

料金:
ホットデスク料金:£350/月〜
指定のデスク料金:なし
プライベートオフィス料金:(中) £450/月〜、(大) £600/月〜

ワークライフ/Work.Life

フリーランス、コワーキング、ビジネスの3種類にケーターしています。雰囲気としてはクリエイティブなワーカー向け、という感じがします。立地的にもロンドンシティ中心には一つもなく、London FiledsやBermondseyなどデザイナーやアーティストが多く活動するエリアに店舗あり。部屋も小さめで、一人一人の交流を重視しています。

所在地:
London Fields, Clerkenwell, Camden, Bermondsey, Reading Hammersmithの6箇所。

料金: ホットデスク料金: £4/毎時+税〜、£30/日+税〜
指定のデスク料金:£250/月+税〜
プライベートオフィス料金:£375/月+税〜

テックハブ/TechHub

「テクノロジー系スタートアップ・起業家のためのグローバルコミュニティー」をスローガンとするコワーキングスペース。ロンドンをはじめ、マドリッド、ワルシャワなどヨーロッパに広く展開しており、グーグル社のスポンサーも受けています。世界で750社以上のスタートアップと起業家が登録し、独自のスタートアップサポートプログラムも展開。Googleのキャンパスロンドン(Campus London)内にも1件あります。

所在地:
Moorgate駅とOld Street駅(Campus内)周辺に2箇所。

料金:
ホットデスク料金: £425/年〜
指定のデスク料金:£275/月〜
プライベートオフィス料金:£1548/月〜

インパクトハブ/Impact hub

Impact Hubは世界でも最も大きいコワーキングスペース社の一つ。ヨーロッパ、アフリカ、アジア、北アメリカ、南アメリカの5地域にオフィスを持ち、86つのスペースと11000以上のメンバーを誇ります。 起業家だけでなく、活動家、クリエイターなど様々な分野のフリーランサーやスタートアップにスペースを提供しています。

所在地:
Islington、Kings Corss、Westminster、Brixtonの4箇所。

料金:
ホットデスク料金:£270/月〜
指定のデスク料金:£330 /月〜
プライベートオフィス料金:問い合わせ

4. まとめ

膨大な数と種類のコワーキングスペースがひしめくロンドンには目を見張るものがあります。最近では、あるコワーキングスペースが、同じ建物にWeWorkがオープンしたことによりそちらにユーザーが流れ、昨年止むを得ずクローズに追いやられるというケースまでありました。激しい競争の中でこれからもどんどん新しいコワーキングスペースができていく模様ですが、ロンドンでビジネスを展開する際は、上記の一覧を参考にしてみてはいかがでしょうか。

Tokyoesqueについて

logo (Text Only) 2.png

東京エスクはロンドンを拠点とするマーケット・リサーチ・エージェンシーです。弊社は日本のビジネスがヨーロッパのマーケットに、ヨーロッパのビジネスが日本のマーケットに進出するのをサポートいたします。 ヨーロッパと日本との相互理解を促進するとともに、カルチャーという視点から、あらゆる問題を見直す事で、新たなビジネスチャンスを発見いたします。 ご関心のある方は、どうぞホームページで詳細をご確認ください。 https://tokyoesque.com

archive Block
This is example content. Double-click here and select a page to create an index of your own content. Learn more
logo (Text Only) 2.png

東京エスクはロンドンを拠点とするマーケット・リサーチ・エージェンシーです。

以下のようなサービスを通じて、海外で日本のビジネスを展開するサポートを致します。

  • マーケットリサーチ
  • 海外進出サポート
  • ローカリゼーション

ご関心のある方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

お問合せ