出張者必見!コワーキングスペースの貸会議室@ロンドン

1. はじめに

働き方が多様化しているロンドンでは、コワーキングスペースの利用が浸透しています。ロンドンのweworkを利用する弊社では、weworkを含む様々なコワーキングスペースの魅力についてお伝えしています。(ペッカム・レベルズオールド・オークU+iなど)

今回は、ロンドンのコワーキングスペースが展開する様々なサービスの中でも、『貸会議室』にフォーカスしてご紹介します。1時間単位~1日単位での利用など、短期の出張者にも嬉しいフレキシブルかつスマートなミーティングルーム利用が可能なロンドンのコワーキングスペースについてまとめています。

2. コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、新しい働き方を求める様々な業種のプロフェッショナルのニーズに応えた共有オフィススペースと言えます。一般的には、おしゃれなレストランやカフェのようなオープンスペースが用意されており、スタートアップ、起業家、アーティスト、フリーランサー等が自由に仕事をできるようになっています。

貸オフィスのように、専用の部屋を借りて利用することもできますが、コワーキングスペースはその垣根をあえて取り払い、他社・他業種と繋がることに重きを置いています。ヨガクラス、ワークショップ、バーの利用などができるようになっていたりと、コワーキングスペースでの交流を活性化させる仕組みが豊富に用意されています。職場にいながらしてコミュニティを形成し広げていくことで、クリエイティブな仕事を実現するというコンセプトが共有されています。

コワーキングスペースの一般的なサービスには、オープンスペースに用意された空いているデスクを利用できる「ホットデスク(Hot desk)」、自分専用のデスクを確保し、いつでも利用できる「指定のデスク(Fixed desk)」などがあります。(詳しくは、「ロンドンのコーワーキングスペース6選!イギリスで急増中のコワーキングスペースとは」をご覧ください。)

しかし、これらのサービスは、月単位の料金設定がされていたり、中長期のメンバーシップが必用だったりと、必ずしも単発での利用に適しているとは言えません。今回は、ロンドンへの短期出張者も利用できるような、コワーキングスペースのミーティングルームについてご紹介します。

3. 単発OK!貸会議室が利用できるコワーキングスペース一覧

3.1. ザ・オフィス・グループ/The Office Group (TOG)

イギリスで「共有ワークスペース」というコンセプトを実現させたパイオニアと自負するザ・オフィス・グループは、2003年にオープン。今ではロンドン市内に30か所以上のコワーキングスペースを展開しており、来年2019年には新たに6か所をオープンさせる予定です。ロンドン以外にもブリストルやリーズにもコワーキングスペースを所有しており、イギリスで最も成長スピードの速いコワーキングスペースの一つと言えます。

各コワーキングスペースの多様なデザイン性にも重きを置いており、それぞれの建物のユニークな建築的特徴を楽しむことができます。アプリクリエイター、広告エージェンシー、メディア、ファイナンス、アーティスト、建築家、スタートアップ・起業家、フリーランスなど様々な業種が集まるコミュニティです。

【料金】

ザ・オフィス・グループの会議室は、メンバーシップがなくても、単発で利用できるようになっています。(メンバーシップがある場合は、表記価格より15%の割引。)また、EGG JAPAN 入居企業と東京21cクラブ会員の方は、ロンドンへの出張時にThe Office Groupの対象施設8か所のラウンジスペース(無料)と会議室(有料)が利用できるそう。

以下は、50リバプール・ストリート/50 Liverpool St.(2018年8月16日現在)の例です。最新の料金、ザ・オフィス・グループの他のコワーキングスペースでの会議室利用料金については、公式HPをご参照下さい。

【予約方法】

公式HP記載の連絡先よりメールまたは電話。

利用希望日時・場所・人数を伝え、担当者から利用可能な会議室について案内を受け、予約をします。

3.2. ハックルツリー/Huckletree

59f76a6164280-huckletree-west-steve-s-garage-10-2.jpg

東京エスクの過去ブログでも紹介しているハックルツリーは、ロンドン市内はショーディッチ/Shoreditch、クラーケンウェル/Clerkenwell、ホワイト・シティ/White Cityの3か所、ダブリンに1か所のコワーキングスペースを持っています。ロンドン3か所のうちホワイト・シティのハックルツリー・ウェスト/HKT WESTは、2017年9月にオープンしたハックルツリーの最新のコワーキングスペースで、メディア、テック、ヴァーチャルリアリティ(VR)、ファッション、医療テック系スタートアップ、クリエイティブを統合したロンドンで初めての『デジタル・ライフスタイル・ワークプレイス』と自負しています。[1]

ウェルビーイングを重要視しており、“テクノロジー無し”の瞑想時間、ヨガ、マッサージ、アーバン・ガーデンなど様々なサービスが用意されています。[1]

【料金】

ロンドン市内に3か所あるハックルツリーのコワーキングのうち、ホワイト・シティにあるハックルツリー・ウェストの例をご紹介します。最新の料金、ハックルツリーの他のコワーキングスペースでの会議室利用料金については、公式HPをご参照下さい。

【予約方法】

ハックルツリーのHPより、予約を希望するミーティングルーム、日時等を選択し、オンライン予約。

3.3. フォージ・アンド・コー/Forge & Co.

『食事』を中心的テーマにしたコワーキングスペースであるフォージ・アンド・コーは、ロンドンのショーディッチに位置しています。メニューが豊富なレストランがあり、朝食、ランチ、夕食まで栄養満点でおいしい食事を職場で摂ることが出来ます。

【料金】

以下のような、食事に関する追加サービスをオプションで利用することもできます。

*上記には全て12.5%のサービス料金が発生します。
*その他、アラカルトでランチを注文することもできます。
 

【予約方法】

公式HP掲載の連絡先へ、メールまたは電話。

3.4. サーブコー/Servcorp

servcorp-chifleytower-sydney-boardroom2.jpg

ゴールドマン・サックスやグーグルなど、世界的に有名な大企業をクライアントに持つサーブコーは、最も高級なオフィス空間を提供しているコワーキングスペースの一つと言えます。[1]  世界23か国・54都市に160か所以上あるサーブコーのコワーキングスペースは、全て世界各都市の最高のロケーションに位置しています。[1]ロンドンにあるものは、ワン・メイフェア・プレイス/One Mayfair Place、リーデンホール・ビルディング/Leedenhall Building、ダッシュウッド・ハウス/Dashwood House、カナリー・ウォーフ/Canary Wharfの4か所で、ロンドンだけで2000以上のクライアントを抱えています。

【料金】

【予約方法】

公式HPよりオンライン予約。日本語サイトも有り。

3.5. ザ・クラブハウス/The Club House

The-Clubhouse-Angel-Court-MattChungPhoto-lo-res-4.jpg

自身のポジションを「コワーキングスペースとメンバーズクラブの間」に位置づけるザ・クラブハウスは、数あるロンドンのコワーキングスペースの中でもよりフォーマルなビジネス環境を求めている方におすすめできるかもしれません。[1] 5スターホテルのような雰囲気の中で、コワーキングスペースのフレキシブルな職場環境利用や、共有コミュニティでクリエイティブなワークスタイルを実現できることが特徴です。[1]

メイフェア/Mayfair、セントジェイムズ/St. James’s、バンク/Bank、ホルボーン/Holbornのロンドン市内4か所で利用することができます。

【料金】

Screen Shot 2018-08-23 at 13.05.34.png

*半日=4時間、1日=8時間利用となります。

*表示価格に税金は含まれていません。

*最新の利用料金については、公式HPよりご確認下さい。

【予約方法】

公式HPよりオンライン予約。8月中は、予約時に「Summer20」というディスカウント・コードを入力すると、20%割引を受けることができます!

3.6. ヴルミ/Vrumi

496.jpg

一般の家庭を旅行等の宿泊先として利用できるエアビーアンドビー/Airbnbのオフィスバージョンと言えるのがヴルミ。個人の所有する家や施設から自由に選んで利用することができます。ロンドンを含むイギリス国内の21都市で展開しており、利用者のうち90%以上がポジティブなレビューをしています。なんと、ボートに用意されたワークスペースも利用できます!

【料金】

施設によって様々です。1日分の料金で表示されています。詳しくは、こちらをご覧ください。

【予約方法】

公式HPより希望の部屋を選択、持ち主に直接問い合わせ予約。

3.7. スペーシズ/SPACES

アムステルダム生まれのスペーシズは、イギリス全土を含むヨーロッパや、アフリカでもコワーキングスペースを展開しています。ロンドンだけでも10か所にコワーキングスペースの拠点を持っています。スペーシズを利用する有名なクライアントは、スポーティファイ/SportifyやH&Mなどがあります。スタートアップ、起業家、フリーランサーなど様々な職種が集まるコミュニティです。

【料金】

複数箇所あるコワーキングスペースによって会議室の種類や料金は変わります。以下は、オクスフォードストリート/Oxford Streetの例です。スペーシズの他のコワーキングスペースの会議室利用料金や、最新の料金については公式HPにてご確認下さい。

【予約方法】

公式HPより問い合わせの上予約。

4. まとめ

フレキシブルな利用がうれしいコワーキングスペース - 今回はロンドンへの短期出張者を念頭に、単発でのオフィスルーム利用が可能なコワーキングスペースについてご紹介いたしました。こういった会議室の短期での貸し出しをしているロンドンのコワーキングスペースは、他にも多数あります。

東京エスクでは、コワーキングスペースに関する調査、現地視察ツアー等様々なサービスをご提供しています。もしご興味ございましたら、こちらよりお気軽にご連絡下さい。

お問合せ

データ保護 *
こちらのお問い合わせフォームにご記入いただいた情報は、EUデータ保護一般規則(GDPR)にしたがって、お問合せへの返答等を弊社からお送りする目的のみに使用されます。


Tokyoesqueについて

logo (Text Only) 2.png

東京エスクはロンドンを拠点とするマーケットリサーチ・エージェンシーです。日本とヨーロッパの架け橋となります。日本と海外ビジネスの相互理解を促進するとともに、カルチャーという視点から、新たなビジネスチャンスを発見いたします。 何かご質問などございましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。

参考リンク

[1] http://uk.businessinsider.com/the-best-co-working-spaces-in-london-2017-10

 

archive Block
This is example content. Double-click here and select a page to create an index of your own content. Learn more

東京エスクはロンドンを拠点とするマーケット・リサーチ・エージェンシーです。

以下のようなサービスを通じて、海外で日本のビジネスを展開するサポートを致します。

  • マーケットリサーチ
  • 海外進出サポート
  • ローカリゼーション

ご関心のある方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

logo (Text Only) 2.png