当社では、消費者とビジネス双方の利益獲得に繋がる文化理解を通して細やかな調査を致します。

1
マーケット・
バックグラウンド
当社では独自の意見提案を行いながら、マーケットチャンス、ライバル企業、ビジネストレンドなどを合わせた深い洞察による産業レポートを提供致します。
2
イマージョン&
トレンドツアー
ビジネスの拡大を狙うクライアントへ、インスピレーション、実践的な理解など、各ビジネスに合わせた重要ポイントを提案致します。
3
ソーシャルメディア&センティメントアナリシス
Pulsar、Brandwatchといったツールを通して オーディエンスのブランドに対する反応を観察、分析し、ビジネスのキートレンドを明らかにします。
4
ベンチマーキング
& 定量分析
当社のグローバルな視点は質の高い調査をデザインすることを核とし、内容、データを掘り下げます。

スポットライト:定量分析

これまでの実績

  • 包括的なオンラインスタディ
  • 日本、韓国、中国のメディア産業を中心に多種産業のための質の高い調査をデザインし、深い洞察による分析を書き出します。

  • 方法と過程

    1. 多言語によるオンライン・オフラインリサーチ
    2. 質問書の発展/翻訳
    3. フィールドワーク
    4. ポスト・アナリシスとプレゼンテーションの作成

    ケース・スタディー

    日本におけるブランド知名度が高い調理器具メーカー
    の国内市場広告戦略を明確化

    チャレンジ

    フランスブランドであるクライアントが広告キャンペーンが日本市場においてポジティブに受け止められているかどうかをSign Salad を通じて確認。クライアントが提案するテレビコマーシャル向けに東京エスクがインサイトを提供。

    ソリューション

    社会 : 日本ではまだ「食」に関して伝統が大きな意味を持つ。そんな中で、Tokyoesque は日本社会が伝統に逆らった形の提案(例えば男性が台所に立つ、日本食では通常目にしない食材などを含んだ)をポジティブに受け止める一面があるを発見。フランスブランドの革新的でモダンな商品ラインアップがアピールできることを確認。
    言語 : 英語圏では日常的に使われている言葉(ベビーシッター、ルームメート等)が日本では意味合いが違うため注意を払う必要がある
    他文化との関係 : フランス料理や西洋風の調理法が日本の視聴者を遠ざけてしまう可能性あり。エキゾチック且つクール、そして親しみやすさのバランスが重要であることを強調。
    消費者 : 日本の消費者がこの商品をいかに利用するかという問いかけが常にプロジェクトの原点としてあった。
    nh_tokyo_drk1.jpg

    分析方法と調査結果

    東京エスクが以下を活用し明確な提案を作成:

    実務経験: バイリンガルで国際性豊かなチームがフランス文化、日本文化それぞれの違いやニュアンスを小刻みにキャッチ。
    ケース・スタディ: 日本のメディアを通じて類似品(海外、国内共に)がどのように 宣伝されているかを提示。
    アドホック・サポート: より具体的な説明等が必要な場合はチームがいつでも対応します。