東京エスクの目的

東京エスクは日本のビジネスがヨーロッパのマーケットに、ヨーロッパのビジネスが日本のマーケットへ進出するのをマーケットリサーチを通じてサポートいたします。私たちはヨーロッパと日本との相互理解を促進するとともに、カルチャーという視点から、あらゆる問題を見直す事で、
新たなビジネスチャンスの発見いたします。

欧州 - 日本の橋渡しとになり、グローバルで活躍できる場を創造する

 

東京エスクの強み

我々はターゲットを絞ったマーケット・リサーチから国際マーケットにおけるディベロップメントおよびサポートにおよぶ豊富で多様な専門性あるサービスを定型またはテーラーメイドな形でお届けいたします。これらのサービスは我々の強みに裏打ちされています:

  1. カルチャー専門知識: 多文化のバックグランドを持つスタッフで構成されたチームメンバーは皆欧州と日本、双方の文化に精通。現地目線でのインサイト分析が可能。
  2. 国際的なアクセス: 広範囲に渡る業界カバレッジと厚い層のネットワークにいつでもアクセス可能。
  3. スピードと柔軟性: スタートアップ企業ならではのスピード感と柔軟性を活かしたサポートが可能。目的や予算といったニーズに沿ってプロジェクトを構成。オンサイトでの事業戦略向けアドバイザリーもご提供できます。

 

 

代表:ナタリー・マイヤー

natalie.jpg
日本企業の海外進出及び、欧州企業のアジア進出の架け橋となるため、東京エスクを立ち上げる。現在アジアおよびヨーロッパにわたるプロジェクトに携わる。
米国シリコンバレー出身、早稲田大学留学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスで国際メディアコミュニケーションの修士号を取得。イギリスのソフトウェア企業ioet LTDの代表を務める。